Pocket

施設を選ぶ際に留意する項目は本当にたくさんあります。料金や職員配置、建物の豪華さや医療体制などなど。

それ以外にも数多くあるなかで、もう1つ抑えておきたいポイントがあります。

それが『立地条件』です。

老人ホームに入居するなかで、場所の選択が今後の生活に大きく影響していきます。これは本人だけでなく、ご家族も同様です。

 

「何を重視するか」でメリット・デメリットが異なります!

どういった場所が良いのかと迷う方もいらっしゃると思います。

そのため、私が今まで施設入所に関して相談を受けてきたなかで、皆さんがどういった点に配慮して場所選びをしたのか。まとめると以下の通りになります。

◆生活するうえで利便性がある
◆自然豊かなところ
◆面会へ行きやすい

ほとんどの場合この3つに集約されていきます。

それぞれによって今後の施設生活に大きな違いがありますので、場所選びの際に基準となる3つについてのポイントを紹介していきます。

(リンク)皆は何を基準に選んでいるか?

(リンク)新規オープンの施設は選択肢に入れるか?

 

 

生活の利便性を重視した場合

メリット(本人) デメリット(本人)
◆近くにスーパーや商業施設がある
◆医療機関が近隣に複数ある
◆交通の便に困らない
◆他入居者や職員と気軽に外出できる先がある
◆落ち着いた雰囲気で生活したい人には不向き
◆ゆっくりと(安全に)散歩出来る道が少ない
◆費用は高くなり易い
メリット(家族) デメリット(家族)
◆アクセスが良い(面会に困らない)
◆救急搬送で呼ばれた際に施設の近隣で済む場合が多い
◆都市部では施設に駐車スペースが少ないため、車では行けないこともある。

やはり1番のメリットは買い物や外出先、あるいは交通手段に不便をあまり感じない点があります。

比較的お元気な高齢者の方であれば、こういった基準で施設を選んでも良いと思います。

しかしその反面、落ち着いた雰囲気でゆったりとした時間を過ごしたい方には不向きでしょう。

また、こういった場所は交通量の多い道路が多く、ゆっくりと散歩に出掛けることの出来る道も少ないです。不動産価値も高い傾向にありますので入居金も高額になりやすいです。

商業地域と賑わう人々

家族側から考えると、やはり面会に不便をあまり感じない点が挙げられます。

また、医療機関も比較的多いため、万が一急変によって救急搬送され家族が病院へ呼ばれる事があっても、施設から遠くなるケースはあまり無いです。

もし入院した場合、なにかと足を運ぶ機会が多くなりますので、施設の周りに救急指定病院が複数あると尚良いです。

都市部では駐車場スペースを確保できず、公共の交通機関での面会をお願いされることもあります。普段の移動手段が車の方は一気に不便になります。事前に確認しておきましょう。

 

 

自然豊かでのんびりを重視した場合

メリット(本人) デメリット(本人)
◆落ち着いた環境で過ごすことが可能
◆費用は安い傾向にある
◆買い物に不便
◆近隣に医療機関が少ない
メリット(家族) デメリット(家族)
◆車であればアクセスの影響は少ない ◆交通の便が悪い
◆救急搬送時など遠方になる恐れがある

場所選びにおいて、落ち着いた環境で過ごせるか否かを判断基準にしている方は非常に多いです。

特に入居するご本人が気にされる項目です。費用も安く、悠々自適とした生活を送ることが出来るのですから人気があるでしょう。

緑豊かな自然

しかしその反面、周りに買い物や医療機関が少ないのがデメリットです。買い物であれば施設側で行っている買い物サービスなどで補う方もいらっしゃいます。

受診についても付き添いサービスを利用して病院までの長い道のりをサポートしてもらう方法があります。いずれも有料サービスです。
※提携医療機関であれば無料送迎している施設も多いため、有料サービスによる受診が必要かどうかは一概には言えません。

家族からすれば、アクセスが悪くなる恐れがあります。また、近隣に医療機関が少ないこともあり、異変によって遠方に救急搬送されるケースも見られます。

そうなった際は手続きや必要物品を届ける場合など病院へ足を運ぶ際に面倒です。

 

 

面会への行きやすさ(アクセス)を重視した場合

メリット(本人) デメリット(本人)
◆家族と頻繁に顔を合わせることによる安心感が大きい
◆「何かあれば家族がいる」という気持ちが、より充実した施設生活になる
◆特になし
メリット(家族) デメリット(家族)
◆本人の状況を把握しやすい
◆有事の際に駆けつけやすい
◆特になし

面会の行きやすさを基準にした場合、本人や家族にとってデメリットはありません。

私自身、今まで相談を受けてきたなかで、こういった選択によって失敗したケースは聞いたことがありません。可能であれば面会のしやすさを優先してほしいです。

車いすに乗ったおばあちゃんに面会しに来た家族

様々な施設を見てきましたが、毎日のようにご家族が面会に来られる方は本当に少数です。家族の希薄化や仕事の長時間化など色々な要因はありますが、月に1回以上面会にくる方も半数以下でないかと思います。

ですが、やはり家族の力は絶大です。面会後の入居者の表情はいつもより和やかなことが多く、こういった表情は家族だからこそ可能です。施設スタッフの力では到底及びません。

また、施設相談員などの立場としても、こういった家族の存在はありがたいです。家族が本人の様子を普段から把握していますから、伝達事項や相談、情報共有がスムーズに行えます。

 

施設選びは家族の生活も十分に配慮すべき

以上が施設の場所を選ぶ際に留意するポイントです。何を基準にするかによってメリットデメリットがそれぞれ変わってくることが分かります。

何を参考に選ぶのか。それは、

◆あなた(家族)がどのような生活を施設で送りたいのか
◆家族の生活に大きな支障がないか

という基準で是非決めてください。

そして、可能であるならば家族と一緒に話し合って決めてください。入居後も家族と継続して関わることが、あなたのより良い施設生活に繋がります

老人ホームの入居に必要な準備と流れ