Pocket

『住宅型有料老人ホームってどんな施設なんだろう?』
『介護付きとの違いって?同じ有料老人ホームだけど何が違うんだろう?』

施設にもいろいろなタイプが出てきています。

サービスが多様化している反面、老人ホームを探している人にとってはわかりにくいことが多いです。

特に住宅型有料老人ホームは一般的にイメージする老人ホームとはサービスの受け方が異なるため、一層わかりにくい施設になっています。

管理人

今回は住宅型有料老人ホームの特徴や介護付き有料老人ホームとの違いなどを解説していきます

介護付き・住宅型だけでなく、サ高住などいろいろな老人ホームがありますが、これを読むことで、自分がどういった種類の施設を探したほうが良いのか見えてくるでしょう。

介護付き・住宅型・健康型の3種類がある

まず初めに有料老人ホームには3つの種類があることをご説明します。

  特徴
介護付き 自立~要介護状態まで幅広く対応可能。施設のスタッフが必要に応じて介護・医療などを提供してくれる。
住宅型 自立~要介護状態まで幅広く対応可能。介護や医療が必要なときは外部の事業所からサービスを受ける。
健康型 自立の方が生活する。全国的に数が減少傾向。今はほとんど無い。

健康型有料老人ホームはサービス付き高齢者向け住宅の普及に伴い、数がほとんどありませんので説明は割愛します。

介護付きと住宅型の1番の違いはサービスを受ける方法です。

入居一時金の金額や毎月の利用料、設備などはほとんど変わらないのですが、介護や医療・リハビリなど必要なサービスを住宅型で受けたい場合は外部の事業所を呼ぶ必要があります。

管理人

これがどういった意味なのか。具体的にご説明していきます

住宅型有料老人ホームではどのようにサービスを受けるのか

いわゆる「サービス外付け」タイプの施設が住宅型有料老人ホームです。

通常の老人ホームは介護が必要なときにスタッフがきて対応してくれます。ナースコールが鳴ったら看護師が来てくれる病院のようなイメージです。

しかしサービス外付けタイプでは、施設のスタッフは基本的に介護してくれません。

管理人

必要なときは外部の事業所を呼んで対応してもらいます。

住宅型有料老人ホームの介護の提供方法
住宅型有料老人ホームの介護の提供方法

これは介護だけでなく、リハビリや医療なども同様です。

併設あるいは近くにある訪問介護(ヘルパー)や訪問看護、デイサービスなどを利用することで施設での生活を続けていくのです。

例えばサービスを外付けするケースとして以下のようなことが挙げられます。

サービスを外付けするケース
◆部屋の片づけ・掃除・・・訪問介護
◆食事を介助・・訪問介護
◆入浴の介助・・・訪問介護
◆おむつ交換・・・訪問介護

◆受診の動向・・・訪問介護
◆運動・リハビリしたい・・・デイサービス、デイケア
◆シルバーカーを借りる・・・福祉用具
◆インスリン注射・・・訪問看護

などなど、介護保険のサービスを利用することで施設での生活を快適に続けていくことが可能となります。

管理人

どういったサービスを使うのかはケアマネジャー・本人・家族・施設側と話し合います

では実際にどのようにサービスを受けながら生活しているのでしょうか。

1日のスケジュールでご説明すると・・・

1日のスケジュール

5:00 起床のお手伝い(訪問介護)

7:30~ 朝食 ※介助が必要な場合は訪問介護

8:00~ 排せつ介助(訪問介護)

9:00~11:00 入浴(訪問介護)

11:30~ 昼食 ※介助が必要な場合は訪問介護

13:00~ デイサービス(半日型)

17:00 デイサービスから戻る

17:30~ 夕食 ※介助が必要な場合は訪問介護

18:30~ 排せつ介助(訪問介護)

20:00 消灯

20:00~翌5:00 オムツ交換(訪問介護)

これはサービスが大量に入っているケースですが、住宅型有料老人ホームではこのように、必要に応じて都度サービスを入れるようになっています。

どのタイミングで何のサービスを入れるのか、ご本人の状態に応じて調整していきます。

介護度が高くなると退去となるケースも

住宅型有料老人ホームを検討している方に1つ注意してほしいことが。

それは介護度が高くなると退去となるケースがあることです。

さきほど1日のスケジュールを出しましたが、あらゆる場面で介助が必要になると、サービスがその分必要になってきます。

管理人

そうなると介護保険で使えるサービス量では賄いきれなくなり、退去せざるを得ないことも・・・

もし最期の時まで同じところで・・・と考えているのであれば終身利用できるか否かをしっかりと見ておきましょう。

住宅型有料老人ホームの費用や人員配置など

住宅型有料老人ホームが「サービス外付けタイプの有料老人ホーム」ということが分かったと思います。

次は費用や人員配置、食事や行事などの細かいところについてご説明していきます。

住宅型有料老人ホームの人員基準

  介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
施設長(管理者) 1人(専従) 1人
生活相談員 1人以上※ほかの業務との兼務不可 必要数
計画作成担当者 1人以上 人員に定めなし
介護職員 看護職員と併せて要介護者3人に対して1人以上 必要数
看護職員 入居者30人までは1人以上
入居者50人増すごとに1人追加
必要数
機能訓練指導員 1人以上 必要数

介護付き有料老人ホームとは違い、サービスは他の事業所から提供されるので、介護付き有料老人ホームほど人を配置する必要がありません。

家族

夜はスタッフがいなくなっちゃうの?それは心配・・・

それは大丈夫です。

夜間も安否確認や戸締りなどを含めて人が必ずいるようになっています。

また、夜間もオムツ交換などの介助でヘルパーが来てくれるので、夜も心配せずに過ごすことができます。

入居一時金や毎月の費用について

入居一時金に関しては介護付き有料老人ホームと大差ありません。

100万円以下・・・40%
100万円~500万円・・・40%
500万円以上・・・20%

いままで関わってきた方たちの入居一時金の内訳ですが、約4割は100万円以下で入居しています。

管理人

ですがそこは有料老人ホーム。上を見ればキリがありません

1000万円以上の高級なところも沢山あります。こういう多様な点については介護付き有料老人ホームと変わりません。

毎月の費用は利用する介護保険サービスの量によって変動する

介護付き有料老人ホームの場合は介護度に応じて金額が固定されているので、毎月の利用料にそこまで動きはありません。

ただ、住宅型の場合は前述のとおりサービスを外付けするので、使えば使うほど料金が高くなります。

管理人

ということは介護度が高い人ほどサービスを多く使うので、金額も高くなる傾向にあります

介護度 利用限度額 自己負担額(1割)
要支援1 49,700円 4,970円
要支援2 100,400円 10,040円
要介護1 165,800円 16,580円
要介護2 194,800円 19,480円
要介護3 267,500円 26,750円
要介護4 306,000円 30,600円
要介護5 358,300円 35,830円

表は介護保険で使える限度額が書かれています。

※これ以上のサービスを利用すると超えた分は全額自己負担。

介護度が高くなると、必要な介護の量が増えるので自然と利用料も増えていきます。

管理人

「要介護1」と「要介護5」では約2万円の差が出ます

ここで1つ注意したいのが、候補の住宅型有料老人ホームを探すときは初めから予算ギリギリにしないようにしましょう。

要介護度が高くなると同時に介護保険サービスの費用も上がりますで、最悪支払いができなくなって退去なんてことも。

生活保護でも入居できるところは稀

介護付き有料老人ホームでは生活保護でも入居できるところが、いくつかあります。

初めから低所得者限定で受け入れているパターンが大半なのですが・・・

家族

へ~生活保護でも有料老人ホームに入れるんだ

と驚かれるかたも多いです。

しかし住宅型有料老人ホームは違います。住宅型で生活保護OKのところはほとんど無いと言って良いでしょう。

管理人

これは施設の「居住費」が、生活保護の「家賃補助」の金額を上回るケースがほとんどだからです

施設の費用にも「食費」「介護保険サービス料」「居住費」など色々な項目があり、それぞれに対して・・・

◆生活扶助(食費+生活費)
◆介護扶助(介護保険サービス)
◆住宅扶助(居住費)

このように生活保護が支給されています。

先ほどの通り、施設の「居住費」が生活保護の「住宅扶助」の金額を上回っているケースが大半なので、結果的に入れないことが多いです。

管理人

まれに入れるところもありますが、本当に稀なので生活保護の方は特養や老健などを探していくと良いでしょう

老人ホームの食事で大切なのは「変化」

老人ホームにとって切っても切れないのが食事です。

ホームページやパンフレットを見ていると、特に有料老人ホームは食事が本当に美味しそうです。

管理人

しかしパンフレットやホームページだけで判断してはいけません

私自身、老人ホームでの食事で大切にしていることは「変化」です。

シェフが手作りする料理。食材・調理法にこだわったメニュー。確かに素晴らしいのですが、やはり毎日続くとなると飽きがでてしまいます。

人間不思議なもので、どれだけ美味しくても毎日続くと「食」を楽しめなくなります。

だからこそ飽きさせない工夫がそこにあるか・・・

◆好きなメニューを自分で選べる日がある
◆自分たちで栽培・収穫した食材がでる
◆自分たちで手作りした料理を食べる
◆料理人が目の前で調理してくれる

などなど、単に食べるだけでなく、そこにちょっとした工夫を取り入れているような施設こそ、真に入居者目線で食を追求している施設だと私は思います。

パンフレットに1週間のメニュー表が入っていることもありますが、それ以外にも「飽きさせない工夫」をどこまでしているか見ると良いでしょう。

レクリエーションや行事は多様に用意されている

施設のスタッフは介助してくれはしませんが、レクリエーションやイベントなどは開催してくれます。

有料老人ホームとなるとレク・行事は豊富にあり・・・

◆ラジオ体操
◆将棋・囲碁
◆園芸
◆習字・水墨画
◆お茶会
◆カラオケ

など色々な催しが準備されています。

また、介護度が高い人たちの多い住宅型有料老人ホームではカードを使った手遊びや簡単な創作、風船バレーなど、体の状態に合わせたものが用意されています。

それ以外にもボランティアによる演奏や劇・舞踊など、入居者を飽きさせない演出が多くあります。

受診は家族が同行するケースが多い

有料老人ホームというと医師が常駐して、必要なときに診察してくれるイメージを持つかたも多いです。

しかし基本的には提携の医療機関があり、そこへ受診する形をとっています。

管理人

ただ、スタッフは同行してくれないので家族が付き添うことが多いです

対応の良い施設だと病院までの送迎は行ってくれますが、基本的には家族が対応することになります。

介護付き有料老人ホームではスタッフが同行してくれたり、家族が同行できなくてもOKなこともありますが、サービス外付けタイプの施設ですので受診も同じことが言えます。

申し込み方法

申込み方法や入居までの流れに関しては介護付き有料老人ホームと変わりありません。

所定の申込用紙を提出したあと、そこから正式に入居するために・・・

申込みに必要な書類
◆診療情報提供書(主治医作成のもの)
◆健康診断書
◆介護保険証(写し)
◆障がい者手帳の写し(あれば)

こういった書類を添付します。

書類が一通りそろったあとは施設のスタッフ(管理者など)が面談を行い、そこも通れば入居の日にち調整へと移ります。

ちなみに面談でチェックするのは以下のような点です。

面談で聞く・チェックする点
◆自力でできる動作
◆介助が必要な動作
◆認知症の進行度合い・症状
◆集団生活する上で危険な行為がないか
◆病気・服薬中の薬
◆家族の状況
◆経済状況
◆その他

面談は30分~1時間ほどで終わります。

サービス付き高齢者向け住宅との違い

住宅型有料老人ホームと非常によく似ているシステムがサービス付き高齢者向け住宅です。

サ高住も同じ「サービス外付け」タイプの施設なのですが、細かく整理すると以下のような違いがあります。

  住宅型有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
入居者の介護度 要介護者が多い 自立・要支援の人も多い
入居時の費用 入居一時金:0円~数千万円 敷金:家賃の2~3か月分
10万円~30万円
サービス内容 基本サービスは外付け 生活支援(掃除・買い物代行など)
契約形態 終身利用権方式 建物賃貸借契約

サービス付き高齢者向け住宅は賃貸物件を借りるので、入居時は敷金を払います。
※退去時は返金あり

また、サ高住の基本的なサービスとして生活支援・安否確認・生活相談などがあります。

詳しくはサービス付き高齢者向け住宅とは?を参考にしてください。

住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット

以上を踏まえ、住宅型有料老人ホームのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

住宅型有料老人ホームのメリット
◆居室・共有部分含めた設備が綺麗
◆夫婦で入居することが可能
◆待機がほとんど無く、入りたい時に入居できる
◆特にリハビリなど自分に合うサービスを使うことができる
◆入居する場所によってはケアマネジャーが変わらずに済む

綺麗な環境で生活することは快適に過ごすためにとても大切なことです。

また、サービスを外付けするため、自分の好きな事業所・サービスを使うことができます。

◆リハビリに特化したデイサービスに行きたい
◆〇〇のデイケアにお気に入りの人がいるから、そこへ行きたい
◆あそこの訪問看護の対応が良いから、そこを使いたい

など自由に選べるのが魅力の1つです。

では住宅型有料老人ホームのデメリットはどのような点でしょうか。

住宅型有料老人ホームのデメリット
◆入居の際に一時金が必要
◆毎月の利用料も20万円~と高額
◆施設ごとにサービスが多様なため選ぶのが難しい
◆介護度が高くなると退去するケースがある
◆介護度が高くなると毎月の費用も高くなる

費用が高くなるのもそうですが、介護度が高くなるにつれ介護保険のサービスだけでは賄いきれなくなるリスクがある点がデメリットとしては大きいです。

要介護4・5あたりになると退去・・・なんてケースも実際に耳にします。

管理人

そうならないよう、電話や見学などの際にしっかりとチェックしておきましょう

以上が住宅型有料老人ホームの説明になります。