Pocket

「治療が終わりました。すぐに退院してください」

病院から告げられた急な一言。

ただ、今回の入院で体の状態や認知症も悪化。これじゃ自宅に戻るなんて難しい。

そんな時に候補として挙げられるのが老人ホームです。

しかしながら老人ホームへの入居は時間がかかる。これが一般的な認識です。

管理人

ご安心を。急な入居にも対応できる施設・方法はあります

すぐ入居できる?退院を迫られた時の介護施設の探し方

今回は、病院から急な退院を迫られ、急ぎ老人ホームを検討している方に向け、

◆急ぎでも受け入れてくれる老人ホームの種類
◆入居のための具体的な方法

についてご紹介していきます。

【まずは病院と相談を!】退院を待ってもらえるか確認してみましょう

とは言え退院までの時間があまりに短いと施設選びに良い影響を与えません。

そこで、まずは施設探しをするための時間が確保できるか病院と交渉してみましょう。

家族

自宅にはもう戻れないので、老人ホームを探す時間をください

病院の相談員へこのように言えば、大抵は病院側も配慮してくださいます。

ベッド稼働率の関係で、治療の必要が無くなればすぐ退院させたいのが病院側の本音です。

しかし、その後の生活を確保させないままに出すことは出来ません。

まずは施設を探していること、少し時間がほしいことを伝え時間的猶予をもらいましょう。

即入居に向いている老人ホームの種類

次に施設を探していきます。

当然ながら施設の種類によって即入居できる老人ホームと、そうでない老人ホームがあります。

具体的な例でいうと…

【向かない老人ホーム】
◆特別養護老人ホーム
◆ケアハウス(軽費老人ホーム)
◆グループホーム

この3つは基本的に空床が少ないことや、下で説明する体験入居がないため即時入居に向いておりません。

そのため以下の施設を中心に探していきましょう。

【向いている老人ホーム】
◆有料老人ホーム
◆サービス付き高齢者向け住宅
◆介護老人保健施設

急ぎ退院する方はこの3種類に落ち着くことが多いです。

これら3種類でも特性や料金体系などが大きく変わってきますので、ここから先は本人の状態や経済状況に応じて選ぶべき施設が変わります。

要介護1以上で経済的に余裕がなければ老健がベター

介護老人保健施設(以下:老健)は要介護1~5の方が入居できる在宅復帰を前提とした施設です。

料金は特別養護老人ホームとそこまで大きく変わらず入居金も不要なため、経済的に余裕のない方であればオススメの施設です。

管理人

しかしながら注意点もあります

先ほども説明しましたが、老健は在宅復帰を前提とした施設です。そのため3~6か月ほどで退去となることがあります。

なかには1~2年と長期にわたって入居させてくれるパターンもありますが、基本的には長期入居が難しい施設という認識をしたほうが良いでしょう。

(リンク)老健を転々として困らないために

入院中であれば病院の相談員が交渉してくれることも

入院している病院の相談員が老健への入居を手伝ってくれることもあります。

よくあるパターンとしては…

①気になる老健の候補をピックアップ【役割:家族】
②老健へ現在の服薬情報を伝え、入居の検討をしてくれるか打診【役割:相談員】
③老健側がOKであれば具体的な相談、入居に向けた面談などに進んでいく【役割:家族&相談員が一部】

老健に入居の相談をする際に最初に必要な情報は飲んでいる薬は何か?です。

薬の費用はすべて定額となっているのが老健の特徴です。言い方は悪いですが高い薬を飲んでいると、それだけで施設の収益が下がってしまいます。

そのため飲んでいる薬を最初に確認するパターンが多いのです。

管理人

空床もあります。薬もOK!となれば入居に向けて話が進んでいきます

あとは入居に向けて面談や契約など流れに沿って進めていきましょう。

また、必要であれば同時進行で特別養護老人ホームへの入所申込みも進めます。

(リンク)特養に早く入りたい!待機期間を少しでも縮めて入所する3つの方法

中長期的な生活を見据えるなら有料老人ホームかサービス付き高齢者向け住宅

老健よりも料金は高くなりますが、すぐに入居できる施設の代表格として有料老人ホームやサ高住が挙げられます。

また、老健とは違い退去に関して期間は定められておりませんので、1度入居すれば長く生活をすることができるため、本人・家族への負担も大きく減ることでしょう。

近年これらの老人ホームは各地で出来ていますので、「空いている施設がなくて困った…」なんて事態にもなりません。

ある程度時間に余裕があるならば、資料請求や見学をしながら決めていくと失敗がより減らせるでしょう。

経済的に許すのであればオススメできるのですが、その際に1点気に留めておくことがあります。

「即時入居可能」は必ずしもそうでない

広告やインターネットなどで調べてみると「即日入居可能」という文言があります。

家族

良かった…これなら病院から「早くして!」なんて言われなくて済む

そう思われるでしょう。

確かに相談した日に入居できる場合もありますが、稀に1~2週間ほど要するケースもあります。

理由は様々ですが、よくある例として…

◆健康診断書(即時入手が難しい)の提出をしてからでないと入居できない
◆面談をして現場に確認してからでないと難しい
◆医師が施設に来る日に限り即時入居ができる

などなど、広告の文言と実際が異なるケースも見受けられます。

家族

じゃあ有料老人ホームでもすぐに入居は難しいんじゃ…

心配ありません。もし仮に本入居が難しくとも別の方法があります。

すぐ入居が難しい場合、体験入居が効果的

(介護付き・住宅型)有料老人ホームやサ高住には「体験入居」というサービスがあります。

ほとんどの有料老人ホーム&サ高住で体験入居を行っているのですが、文字通りお試しで1泊2日から利用できるものです。

特徴として…

◆1泊あたり5千円~1万円
◆入居金や敷金礼金は不要
◆最長で1か月ほど利用することも可能
◆健康診断書などの面倒な書類を(ひとまず)必要としないケースが多い

一般的には相談→体験入居の予約→体験入居と進んでいきますが、即日入居することも十分可能なサービスになっています。

私も退院時の居場所の確保が難しい場合、この体験入居を活用することが多々あります。

管理人

体験入居中に次の住まいを探すことも出来るので有効です

そこの老人ホームが気に入ればそのまま本入居するも良し。他に探してみたい老人ホームがあれば期間中にじっくり探すも良し。

体験入居が終わったら別の老人ホームへ体験入居…という手も使えますので、有効活用してきましょう。

まずは病院に退院の時期を延ばす交渉を。そうすれば失敗や後悔も少なくなります。

病院から退院を促されると「無理にでも自宅に帰さないと…」と焦ってしまい、不本意な結果になることもあります。

時間に余裕がない、決断を迫られるとどうしても判断が鈍ります。

老人ホームに入居するにしても、金銭的に大きく動くため失敗は避けたいと思うのが自然です。

そのため、まずは病院と交渉して退院の期間を延ばしてもらいましょう。

その間に本人の状態に合う、家族が気に入る老人ホームを探していくことで入居後の後悔が大きく減らせます。

特に今は有料老人ホームやサ高住が次々と建設されていますので、多少のワガママなら聞いてくれるケースが多いです。

大丈夫。受け入れ先は必ず見つかります。大切なのは焦らないこと。

そうすれば、きっと本人も、アナタも納得する老人ホームが見つかるでしょう。